RECRUIT 採用情報

エンジニア

林 薫平

2018年入社

高校までをオホーツク海側で過ごした後、札幌の情報系大学に進学。
その後、IT系とは別の道に進もうと2年間受験勉強を行うが上手くいかず、再度エンジニアになることを決意。
今年の2月より上京し、2018年5月にインターノウス株式会社に入社。

INTERVIEW

01

現在の仕事について教えてください

受託開発の先輩方のサポートをさせてもらっています。
現在はフロント側の案件のサポートをしており、そのためにJavaScript、jQueryの学習に励んでいます。入社してまだ2ヶ月なので、できることは限られていますが、日々の業務や帰宅してからの時間などで知識を溜めて、戦力になれるように頑張っています。

INTERVIEW

02

インターノウスに入る前の仕事

大学を卒業してから、幼い頃から漠然と描いていた旅客機のパイロットになるという夢を追い求めたいと思い、学校に入るための受験勉強をしていました。ですので、今回インターノウスが初めての職場となります。
2年間の受験の中で、主に知識を吸収することの楽しさや最後まで諦めない心を学びました。受験科目の中に高校物理があったのですが、履修しておらず独学で学びました。初めは1から学ぶことに不安もあり、上手くいかないことが続いていたのですが、やり続けていくうちに段々とできるようになり自分の身になることが楽しくなっていきました。
また、周りの受験生は高学歴の方々が多かったので、自分がその人たちより上に行けるのかと考えたこともありましたが、そういうこと全て含めて頑張らないといけないと決意し、勉強に打ち込みました。
結果、学力試験では最終合格ラインに入ったのですが、身体検査で引っかかってしまい、受験の年齢制限があった為、パイロットの道を断念しました。
今でも悔しい気持ちはありますが、この2年間の経験がエンジニアとして働いていく上での基礎となっています。

INTERVIEW

03

現在の仕事のやりがい/厳しさ

技術職なので、日々アンテナを張り巡らせ知識を際限なく吸収していくことが大変なところでもあり、やりがいでもあると思います。
案件に入ると、勉強できる時間がいつでも取れるとは限らないので、時間があるとき、作れるときにコツコツ勉強することが大切なのではないかと思います。そして、溜めた知識を使ってシステムを構築することで、チームのため、会社のため、なによりお客様のためになることが一番やりがいに感じることだと私は思います。

INTERVIEW

04

どんなエンジニアになりたいか

お客様の期待を上回る働きができるエンジニアになりたいです。エンジニアですので、他の職種の方よりお客様と直接やり取りすることは少ないと思います。ですが、自分が今行っている業務の先にはお客様がいることを常に意識し、お客様が求めていることは最低限にでき、更にそれ以上のことを提案できるくらいの技術を身に着けたいです。
そして、「この人になら任せられる」、「この人にまた頼みたいなぁ」と思ってもらえるようなエンジニアになりたいです。

INTERVIEW

05

社風は?どんな人と一緒に働きたいか、
どんな人がインターノウスに合うか

風通しが良すぎる程です。入社2ヶ月ですが、先輩方どなたも優しく面白い人ばかりで、良くしてもらっています。その中でも、しっかり締めるところは締めていて、とてもいい職場だなと思います。
いつまでも成長したい、色々な業務を任せてほしいという方はインターノウスに合うと思います。

採用情報トップへ