RECRUIT 採用情報

エンジニア

小野澤 基文

2014年入社

大学卒業後、組込み系プログラマ、パソコン講師等を経験。プロのミュージシャンとしての経験を経た後に、インターノウスに入社、現在、インフラシステムのプロジェクトマネジメントや、RPAによる業務効率化等を担当。

INTERVIEW

01

現在の仕事について教えてください

プロジェクトマネージャー(PM)をやっています。
PMというのは、お客様のシステムに対して設計をしたりを構築をしたり要件定義をしたり、 一つのシステムを作り上げるにあたって各構築するメンバー(エンジニア)を取りまとめたり、 スケジュール管理・タスクの割り振りなどそのプロジェクトを回すための管理者です。一方では、自社のエンジニアの統括も行っています。

INTERVIEW

02

インターノウスに入る前の仕事

プロのミュージシャンをやっていました。とあるレコード会社に所属して音楽番組にもいくつか出演させていただきました。その前には小学校の臨時教員をやったり、さらにそれ以前には開発エンジニアとして2年間ほど携帯電話の組込系プログラムの開発をやっていました。

INTERVIEW

03

現在の仕事のやりがい/厳しさ

私の仕事は、システムエンジニアという仕事に分類されるのですが、同じシステムを開発するにしても、どの立場で仕事をするかでやりがいと苦労がそれぞれ違うのかなと思っています。
1技術者という立場だと、やりがいという意味では「ものを作る」。作るにあたってなかなか上手くいかないこともあれば思った以上に出来たときの達成感もあり、 そういう意味ではルーティンワークではなく常にイマジネーションの仕事というやりがいと苦労もあるのかなと思っています。
管理者としてはメンバーたちがうまく動けるように回せるチームの雰囲気作り。そのために必要な経費や人材など、いろいろなものを自分で好きに動かせるという意味では面白いですが、一方であらゆるものに責任を伴うという面では、もちろん苦労もあります。

INTERVIEW

04

どんなエンジニアになりたいか

一般的に、いくつかのプロジェクトを経験し、リーダーも何度か経験をし、それらの経験を得てプロジェクトマネージャーになっていくかと思います。
そういった意味では、私はある程度一通り経験はしているのですが、自分が持っている知識に満足せずに、常に新しい技術、例えばRPAという技術であったりAIの技術で有ったりとか、多くのものがどんどん新しくなっていくので、そういうものにも対応できるエンジニアを目指しています。

INTERVIEW

05

社風は?どんな人と一緒に働きたいか、
どんな人がインターノウスに合うか

若い人が多いので、頭の固い中高年がいるわけではなく、僕が最年長に近い(笑)僕自身もフランクなタイプなので、風通しがいい会社だと思います。
一方で、ここ数年で急成長してきた会社でもあるので、 働き方・組織・ルール・仲間とのコミュニケーション・仕事の内容なども含めて みんなで試行錯誤して仕事を進めていく・発展させていくという社風です。 なので受け身な人ではなくて、どちらかというと自分から進んでいろいろなことをやってみたいという人が向いていると思います。

採用情報トップへ