ページの先頭です。

人材紹介

ブランディングをお手伝い

書類審査は、3秒が勝負です

人事担当者は、書類審査の合否をわずか3秒程度で決めているのをご存知ですか?
さらには、アピール方法一つで、年収や将来のキャリアまでが左右されてしまいます。
インターノウスは、職務経歴書の書き方を徹底サポート致します。
どんなに素晴らしいスキルを持っていても、どんなに経験が豊富でも、それを上手く伝えられなければあなた評価は低いままです。プロエンジニアでは、経験豊富なコンサルタントがあなたのスキルや経験が、企業に100%伝わるように、職務経歴書の作成をお手伝いをします。

書類審査が通る職務経歴書

  • 最低限、下記の項目は必要です。
    ・エクセル形式は嫌われるので、必ずWord形式に
    ・だらだらと長い文章は書かないこと
    ・業務内容はプロジェクトシートにまとめること
    ・誤字・脱字はNG
  • 職務経歴要約の下には、必ず、スキルの要約(箇条書き)を書くようにしましょう。
    これにより、人事担当者は、人目であなたが、スキル面でマッチしているかどうかが判断できます。
  • マッチしているとは、「あなた=企業が欲しい人材」です。この点を勘違いしてしまうと、「求めているスキルが違う」、「求めている人物像と異なる」、「オーバースペック」、「目指している方向が異なる」などでNGとなってしまいます。
  • 職務経歴書のトップでは、職務経歴要約(概要)を3〜5行で書きます。出だしで、だらだらと長い文章が書かれている場合は、即NGに。
    自身の経験が応募企業へマッチしていることをアピールしましょう。
  • 履歴書・職務経歴書には必ず、転職理由を書くようにしましょう。一貫性がないと思われると、どんなにスキル・経験がマッチしていても書類でNGとなってしまいます。
  • プロジェクトシート内の担当業務に、例えば「運用」とだけ書いてあっても、運用の設計をしたの か、運用手順書を作ったのかが見えません。
    しっかりと担当業務の詳細まで書くようにしましょう。

重要なのはプロジェクトシート

ITエンジニアとして、一番アピールすべきポイントは、プロジェクトシートです。最低限、下記の項目が必要です。

  • 各プロジェクト期間
  • プロジェクト概要(業種、プロジェクトミッションなど)
  • プロジェクトの中での担当工程、職位(メンバー、リーダーなど)
  • プロジェクトの環境(言語、サーバーOS、ネットワークアプライアンス・ミドルウェアなど)
  • プロジェクトの中での担当業務詳細

また、フリーランスの経験が多い方は、職務経歴書をエクセルで作る方がいますが、これは、企業に嫌われるので注意が必要です。

〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関3-6-15
TEL.03-6205-7707

 
 
 

© 2015 InterNous.inc. All rights reserved.