ページの先頭です。

教育・研修

Java講師紹介

Javaプログラミングの研修が受けられる自社保有施設、それが「水道橋研修センター」です。ここから巣立った数多くのITエンジニアの仕事は大評判。その気になるカリキュラムとはどのようなものか、講師の先生にお話しいただきます。

初心者から3ヶ月でJavaの基礎・応用を習得
即戦力となる人材を育成します。
教育担当 井上 琢磨

どういった方々を対象に教えているのでしょうか?

フリーターの方、既卒、第二新卒の方など様々です。受講頂いている方は20代~30代の方々が中心となっています。
また、IT業界に興味があるものの実務として経験したことがない方や、まったくの異業種からチャレンジされている方、一度プログラムを勉強したが途中で挫折してしまった方などがおられます。

プログラミングの基礎力がなくても大丈夫でしょうか?

当プログラマカレッジでは、プログラム未経験からでもスタートできるようカリキュラムを設計させて頂いております。
パソコンを操作したことがあり、決して妥協しないやる気をお持ちあれば、しっかりとサポートいたします。安心してご参加ください。
また、受講生の方には、研修施設だけではなく、ご自宅やネットカフェ等、インターネットをご利用可能であれば、場所を問わずにプログラムができる環境をご提供をさせて頂いております。こうした環境を使って効率的にプログラミングについて理解を深めていただく事が可能です。
くわえて時間外の技術的な質問や就職までの様々な悩みやご相談につきましても、SNS(LINE)などを活用したコミュニケーションの場を設けております。
お気軽に講師や受講生の仲間達と話し合って頂きながら、日頃の悩みを解消して頂いたり、研修に取り組んでいただくことが可能です。

何を教えているのでしょうか? カリキュラムを教えてください。

1ヶ月目は主に基礎的な開発知識や開発手法について理解していただきます。2ヶ月目以降については、主にプログラマとして必要な実践力を身につけていただきます。具体的には、疑似的に開発現場でのECサイトの構築プロジェクト等を体験頂きながら、開発スキルおよびビジネススキルの修得を目指して頂くこととなります。たとえば研修では、受講生の方々が自ら動きながら、課題解決に向けて挑戦するための動機付けを致しております。開発現場さながらのQCDに基づいた実装体験できますので、プロジェクトを成功する為に必要な考え方やノウハウについて多く学んでいただく事が可能です。

主なカリキュラムについては以下の通りです。

  • カリキュラム:
  • <1ヶ月目>
  • PC基礎
  • データベース言語(MySQL)
  • バージョン管理(Git、GitHub)
  • Linux(Ubuntu)
  • Webサイト構築基礎(HTML、JavaScript)
  • Java(基礎演習課題)
  • アルゴリズム
  • UML
  • サーバサイドJava(実践演習課題)
  • <2ヶ月目>
  • 実践演習A(一般サイト構築)
  • <3ヶ月目>
  • 実践演習B(ECサイト構築)

この講習を受けた後は、どの程度のスキルが身に着くのでしょうか?
この講習のゴールなどあれば教えてください。

たとえば、当プログラマカレッジを通じて、ECサイトの構築などに必要な開発スキルを身につけて頂くことはもちろん、実践的且つ主体的に動き課題を解決するためのビジネススキルを身につけていただけます。
ひとりのプログラマとして自立していただき、しっかりと就業されることを講習のゴールとさせていただいております。

教える上で、重視していることがあれば教えてください。

当プログラマカレッジでは、受講生おひとりおひとりの個性を大切にさせていただいております。
また、開発スキルだけではなく、より実践的なビジネススキルの修得をいただけるよう取り組んでおります。
たとえば、弊社は「仕事」とは「生計の為」だけとは捉えておらず、それ以上に、「尊厳」であり、「社会の中で自らを定義するアイデンティティー」だと考えております。
「自己実現の為」に必要なステップをしっかりと体現していただき、受講後の就業的な自立だけでなく、経済的や精神的においてもしっかりと自立いただく為の動機付けを研修期間を通じておこなっております。

他社のITスクールや、他社の新人研修との違いや、御社の研修強みなどがあれば教えてください。

まず大きく違うのは、様々な企業様から協賛金を募ることで無料スクールとしている点です。
またカリキュラムに関して、たとえば運転免許を取得する場合のように、まずは基礎的なプログラミングの知識や開発手法を学んでいただき、その後、実践的にサイト構築やシステムテスト、サーバーへのリリースを疑似体験いただいております。
他社様のITスクールでは、たとえば資格取得を目的としたカリキュラム構成が多い、受講時間帯が制限されており質問するタイミングを逃しやすい、などがデメリットとして挙げられます。また、他社様の新人研修では、基礎的な技術知識はすでに定着しているものとして実施される、プログラミング方法や設計書の書き方を学べるが、必ずしも実践的な演習やスキルの定着に結びついていない、などが挙げられます。
こうした点について、当プログラムカレッジでは、より即戦力となり得る開発手法やビジネススキルを修得いただけます。

これから受講する受講生に対してと、卒業していく受講生に対して何かあればお願いします。

プログラマカレッジは個人のやる気を尊重しながら、わからない点についてはみんなで解決する、ひとりひとりが支え合うような風土があります。
研修スタート時点ではプログラミング未経験からスタートされる方が多いので、何から手をつけて良いかわからない、プログラムの知識をしっかりと修得できるのか不安、と戸惑われる方がたくさんおられます。しかし、気がつけば自分でプログラムを作ったり、それが動く喜びを体験しながら、カレッジ生活が楽しみへと変わり、あらためてプログラマへの魅力や憧れを感じていただける方々ばかりです。 また、最終日にはプログラマカレッジに参加できて本当に良かった、と言ってくださる方々がたくさんおられ、卒業後はいろんな会社で活躍されています。

これから受講する受講生の方は、プログラマカレッジにはこうした環境の中で高い実践力を身につけられますので、ぜひプログラマを目指す上でのきっかけとして頂ければと思います。また、自分が目指したい夢や目標を明確にしていただき、それらを実現する為の糧としてもらいたいです。
そもそもプログラマやIT業界の仕事とは何か?仕事を通じてどうなりたいか?を考えていただくことで、その楽しさやその魅力を知って頂ければと思います。

なお、プログラマカレッジでは研修カリキュラムとして、カレッジ研修期間を通じて学んだことや、自分自身の現在や未来へのコミットメント、自分に関する成功体験、などのテーマを選んで頂いた上でプレゼンテーションをしていただいております。これはプレゼンテーションを踏まえて、普段気がつかない様々なひとの考え方に触れ、自己分析の過程で視野を拡げていただくとともに、夢や目標を実現する為の「コミットメント(やる気・主体性)」や「エンゲージメント(愛着)」のチカラを高めていただきたいからです。

プログラマカレッジでは、受講生同士の親睦を深めて頂いたり、研修期間における開発プロジェクトの生産性を高めていただく為に定期的な飲み会もおこなっております。実は最寄駅の周辺には美味しいお店も多数あり、受講生同士が気軽に誘いあうこともしばしばです。また、すでに卒業された受講生も仕事帰りに合流されて、ホットな話題に花を咲かせることもあります。

卒業していく受講生の方は、是非こうしたプログラマカレッジの生活の中で培った経験を活かしながら、ぜひ自信をもって前へ前へと挑戦を続けて欲しいと思います。

将来、プログラマカレッジが皆さんにとって「自己実現の為」の「プラットフォーム」のような存在になれば幸いです。



〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関3-6-15
TEL.03-6205-7707

 
 
 

© 2017 InterNous.inc. All rights reserved.