ページの先頭です。

教育・研修

Linux講師紹介

Linuxサーバーの研修が受けられる自社保有施設、それが「池尻研修センター」です。ここから巣立った数多くのITエンジニアの仕事は大評判。その気になるカリキュラムとはどのようなものか、講師の先生にお話しいただきます。

初心者から2ヶ月でLinuxの基礎・応用を習得
即戦力となる人材を育成します。
教育担当 竹本 季史

池尻研修センターの概要を教えてください。

Linux エンジニアに必要なスキルについて基礎、応用、演習の3つの段階に分けて約2ヶ月間学習します。
基礎はLinuxを操作する基本的なコマンドの使い方を学びます。また、サーバーエンジニアに必要なシェルスクリプト、ネットワークについても学習します。
応用はDNS、Web、メール、ファイル共有、セキュリティの各種サービスの動作の仕組みを学び、実際にサーバー構築を行います。 演習は、講師から課題を提示します。その課題をシステムを構築することで解決していただきます。これまでのスキルを実践的に応用する良い機会となり、考える力とチームワークが養われるでしょう。
この3つの段階を経て、Linuxエンジニアの必須スキルを身につけていただきます。

研修開始時にはある程度Linuxの知識が必要なのでしょうか。

いいえ、必ずしも必要ではありません。
Linuxとは何か?から始まり、段階的に学んでいきます。Linuxが初めての方に分かりやすい授業を心がけています。 不明な点があれば、授業後にフォローアップをしますので、安心して学んでいただけます。
全くの未経験で始めた方も、卒業した今では立派なLinuxエンジニアとして大きく活躍していらっしゃいます。

インターノウスが運営する研修施設として特に意識していることは何でしょう

業務に役立つ実践的なスキルを身につけていただくことを意識しています。資格を取得するだけでは、必ずしも業務で使えるスキルは身につかないと考えているためです。
また、受講生や卒業生のフィードバックを受けて、カリキュラムは随時見直しをしています。

受講生となる皆さんへメッセージをお願いします。

人の能力に大きな差はありません。やるか、やらないかだけです。
まずは、参加してみようぐらいの気軽な気持ちで応募して、弊社のコンサルタントと話をしてください。
そして、いざ参加したら自分の将来を決める大きなきっかけとして捉え、このチャンスを最大限に活かせるように集中して学んでください。
チャンスは他の誰でもなく、自分で掴むものです。
自分はできると信じて学び続ける姿勢が大事です。

研修生の気持ちを汲んだ細やかなサポートをいたします
アシスタント
須田 望

須田さんが研修センターのアシスタントになった経緯を教えてください

私は前職は約10年間、接客業についていたので、まったくの異業種からの転職です。入社が決まってから、今後どのような仕事に関わるにしてもLinuxの基礎ぐらいは知っておいたほうがいいと、研修センターに入りアシスタントも兼任することになりました。ですから最初は、ここに来る皆さんたちと同じくLinuxが何であるかも知らない状態でした。でも今では、自分で構築できるまでになったのが嬉しいです

アシスタントとして、どのように研修生をサポートしているのですか

Linuxだけでなく、ネットやパソコンに知識の浅い方も入所されますので、生徒の皆さんは以前の私と同じ不安を抱えているだろうなと想像します。そこで、できる限り同じ立ち位置、同じ目線でできることをさせてもらっています。たとえば研修センターでは指定のテキストにそって基礎を学びますが、そもそも専門用語すら初めて知る方もいらっしゃいます。そういう方に向けての用語集を作成し、配ったりもしているんです。また休憩中も積極的に皆さんに話しかけ、何か困ったことはないか、いち早く捉えるように心がけています。

仕事をしていてやりがいを感じることを教えてください

私のお手伝いが、研修生の役に立ったときはとてもやりがいを感じますね。用語集なども、その場の雰囲気を見て急きょ作ったのですけれど、「資料のおかげで授業がわかりやすくなりました」と研修生の方に言っていただいたときは、役にたった実感がありました。研修中につまずく点はそれぞれに違いますから、きめ細かい対応を心がけています。それに関しては、対面だけでなくLINEやメールを利用してのサポートも行っています。おすすめの参考書を紹介したり、他愛のない悩み相談に乗ることもありますし、皆さんが気軽になんでも言える空気作りこそ私の出番だと思っています。

エンジニアを目指してこれからカレッジに入る皆さんへメッセージをお願いします

エンジニアは手に職をつけて長く携わる仕事ですから、単にスキルの向上だけでなくそこにやりがいや楽しさを見いだせないと辛いのではないでしょうか。初心者時代は「何が分からないかすら分からない」という状態で、いろいろ大変に感じる場面も出てくるかもしれませんが、きちんと授業を受け課題に真正面から向かって行きさえすれば必ず理解できることばかりです。私自身そうだったので、大丈夫。講師の先生は現場を長く務められた方ですから、理屈だけではなく現場ですぐに使える「実践的授業」を行ってくれます。何も心配せずに、研修センターへいらしてください。



〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関3-6-15
TEL.03-6205-7707

 
 
 

© 2017 InterNous.inc. All rights reserved.